女性も男性もハマる人が多いインテリアとDIYについて

手作り家具の魅力を知って住宅環境を向上

季節を考慮

夏に備えて断熱カーテン

カーテンといえば光をさえぎるためのもの、または外から家が丸見えになってしまわないようにする物、という認識を持っていませんか。そのカーテンへの認識では損をしてしまいます。 日本の春夏秋冬の中で『夏』という季節は暑く、とても日差しが強い物です。この季節の太陽によって、部屋の温度が上がるのを防いでくれる、断熱カーテンという物があります。夏を迎えて、部屋の中が我慢できない暑さになったときは、エアコンといった冷房器具の電源をいれて部屋を涼しくするでしょう。 しかし太陽の光の熱によって部屋の床や家具、そして空気が暖まってしまったのなら、その冷房の効率も下がってしまうのです。そうなると電気代のほうにも響いてきます

使用者の意見を聞いて購入しよう

その太陽の嫌な日差しから部屋を守ってくれるのが断熱カーテンとなります。日差しによる熱を室内に入るのを防いでくれるのです。 断熱カーテンといえば分厚い布といった印象があるかもしれません。そのために昼間から真っ暗になりそうなので、遠慮しているという方もおられるでしょう。しかし近年では光を取り込みやすいレースの断熱カーテンもあるので、明かりも欲しい方はそちらを利用してみてはいかがでしょうか。 カーテンが売っているお店に行って店員に相談して購入するのも良いのですが、やはり日常的に使うカーテンなので慎重に決めた方が良いです。そのためインターネット等で実際に断熱カーテンを使用している方の評判を見てから購入するのをお勧めします。